ホーム節約 ≫ 知らなきゃダメ!買ってはいけない、100均グッズの代表的なモノとは

知らなきゃダメ!買ってはいけない、100均グッズの代表的なモノとは


entry_img_100.png

いまどきはなんでも100均でそろう時代ですが、だからと言ってなんでも100均で買えばよいかというとそうでもないんです。

その代表が100円ショップで買えるラップなんです。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

ラップと言えば、サランラップかクレラップ。

でも、100均でもラップは売っています。

たいして変わらないだろうとなんて高をくくって買ってしまうと、後悔することになりますよ。


節王おススメの100均商品はこちらでもまとめているのでどうぞヾ(・∀・)ノ
100均グッズ紹介ブログのまとめ ダイソー、セリア活用せよ

ラップの品質は切れ味と密着度で決まるもの


ラップのポイントはその切れ味と密着度。

100均のラップでもきちんと切れることは切れるのですが、切る途中で引っかかったり、ラップ同士がくっついたりして、もうストレスになること間違いなし。

まず、これだけでも選択肢からは消えるわけですが、さらに駄目な理由が密着度。

サランラップ、クレラップのあの密着度を期待すると裏切られます。

器にかぶせると通常のラップだとピッタリとくっつくじゃないですか?

でも、100均のラップはくっつき度が低いので、ただ器にかぶせているだけという感じ。

安物買いの銭失いとはこのこと


これがいわゆる安物買いの銭失いですね。

以前ご紹介したお金の貯まらない人の典型的なパターンにバッチリ当てはまりますね。

節約しても貯まらない人は安物買いの銭失い


100均で安い!なんて飛びつくと、逆に高くつくこともあるので注意が必要です。

少し、100均ラップの評価をチェックしてみました。

100均のラップで保存するものは、サランラップで保存するものに比べて酸化しやすい。

ラップの強度がちょっと心細いです。

刃は硬く切りやすそうに見えるが、ラップが柔らかいので、切り取りやすさはそれほどでもない。

今まで使っていたラップが厚みのある方のラップで、頑丈というかしっかりとしてなかなか破けないラップだったので、こちらのラップはこんな柔らかくてすぐ破けるんじゃないと不安に思いました

サランラップもどきが無いな・・・ レンジで溶けるラップは最悪だよ


ある程度、割り切って使っている人もいるようですが、やっぱりサランラップやクレラップの方がいい、とみんな口をそろえて言っていますね。
 

どうですか?今回はラップを例にあげましたが他にもこういったものはゴロゴロあります。

強度の低い不織布BOXや不安定なワイヤーラック、ペットボトルに付けるブラシなんかもその代表例。

「やっちゃった」なんてことにならないように、いろんな100均グッズをこれからもご紹介していきますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード