ホーム節約 ≫ 驚愕の事実。レジ袋は万引き対策だった。しかも削減してもエコにもならない?

驚愕の事実。レジ袋は万引き対策だった。しかも削減してもエコにもならない?


entry_img_102.png

スーパーやコンビニで買い物とをすると必ず半透明のレジ袋に入れてくれますね。

でも、コンビニではありませんが、スーパーだと「レジ袋の削減にご協力ください」なんつってマイバック持参を促すような運動ってあるじゃないですか?

あれって資源節約のエコ活動みたいな印象ありますが、実は全然エコじゃないんです、って言ったら信じられます?

"ホンマでっか!?TV"に出演中の武田邦彦先生の分析がとってもおもしろいです。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

"ホンマでっか!?TV"に出演中の武田邦彦先生って、結構さんまにいじられていますが、ちゃんとした凄い人なんです。

その武田先生がエコについて書いた「間違いだらけのエコ生活」って本が面白いんです。

その一部をご紹介。

レジ袋削減が環境汚染につながるというのか?


ビックリすることにレジ袋を使わなくなると環境を汚すことになるんです。

えっ?逆でしょ?と思った方。そうですよね。私もそう思っていた口ですから。

でも、実際には逆なんです。


そもそも、レジ袋は"使えない石油"から作られています。

石油って大昔の生物の死骸から出来ているモノなのですが、どうしても使えない部分ていうのが出るんですね。

その使えない部分っていうのは燃やすしかなかったわけです。

それを優秀な技術者たちが、使えない部分を何かに使えないかということでレジ袋を作ったのです。

まぁ、作ったのはレジ袋だけじゃないのですが、代表的なものの一つがレジ袋なんですね。

で、これを削減するということは一見、石油の消費量を減らす感じがしますが、そもそも使えない部分を使っているのですから、石油の削減なんてものとは、影響がないんですね。

それよりも、レジ袋が無くなると必要になるがエコバック。

なんでエコバックなんて名前なのか分かりませんが、エコバックを作るための方がよっぽど石油を消費するわけです。

いやー、これはちょっとビックリですよね。

ちなみに、エコバッグが売れるとスーパーはもうかるわけで、なんだかへんな感じですね。

スーパーを良く使う人は節約する方法があるので以下の記事を見てしっかり節約してくださいね。

株を買うとスーパーでの買い物が節約できるとは。

レジ袋は万引き防止の対策だった!?


ところで、レジ袋ができた背景には石油の使えない部分の活用というものの他にもあったんです。

むかしの買い物って世のお母さん方は買い物かごを持って行ってたわけです。

八百屋、お肉屋、果物屋なんて感じでそれぞれの食材をそれぞれのお店で買っていたころはよかったのですが、なんでもそろうスーパーができてからは、そこで買い物をすることになってきたわけです。

ここで出てきた問題が万引き。

その買い物かごに商品を入れてはそのまま帰るなんてことが起こるわけです。

世のお母さん方がこぞって万引きしていたなんてことはないと思いますが、これを何とかしようとするためにスーパーの買い物かごに商品を入れて、レジを通してから半透明のレジ袋に入れるという文化が出来上がったわけですね。

そもそもレジ袋の削減が、資源の節約にならないこともビックリでしたが、レジ袋が万引き防止の対策でもあったというのはこれまたビックリでした。

必要以上に使う必要はないですが、別にエコにつながるものでもないので、レジ袋の削減なんてあんまり考えなくていいんじゃないでしょうかね。

あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード