ホームダイソー ≫ 100均のハンディモップならダイソーのじゃないと意味がない理由

100均のハンディモップならダイソーのじゃないと意味がない理由


entry_img_122_01.png

毎日掃除をしても無くならないホコリ。

生活しているからには仕方がないものなので、あとはどうやってうまく付き合っていくか?というのがポイントですね。

どうせなら、楽しい感じでホコリ退治してみませんか?

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

ホコリの掃除をするなら、クイックルワイパーのハンディタイプのようなものがパッと思い浮かぶところです。

我が家でも使い捨ての100均のセリアで買ったハンディモップを使っているのですが、使い切ったら付け替え用を追加で買ってというのが、私の節約ポリシーに反するので、なんとかしたいなぁと思っていました。

だって、100均で買っても、結局高く付いちゃうじゃないですか。

それじゃぁ、あんまり100均で買う意味もないかなぁ、とか思うんです。

そんな私のところに、ダイソーに繰り返し洗って使えるハンディモップがあるという情報が入ってきました。

その情報源は、我が家を支える奥さんでした。持つべきものは100均によく行く奥さんですね。

これがその洗えるモップ。なんだかポップじゃないですか?

entry_img_122.png

ウサギのパッケージにだまされちゃいけない。なかなか良くできたハンディーモップ


このモップ、ただ洗えるだけではありません。

パッケージを見てもらえばわかる通りV字型になっているんです。

V字型のメリットとしては、挟んでホコリが取れるのでコード類や細い隙間なんかにも使うことができちゃいます。

素材はマイクロファイバーになっているので、ホコリをしっかり絡みとってくれます。

これがマイクロファイバー部を外したベース部分。

entry_img_122_02.png

これが外したマイクロファイバー。まる洗い出来ます。

洗う時は水または中性洗剤でもみ洗いをしてから、軽く絞り良く乾かして使います。

entry_img_122_03.png

ホコリはどこからやってくる?


ホコリっていくら掃除をしても無くならないもの。

理由は身の回りのあらゆるものからできているからだって知ってます?

とは言っても、ほとんどが洋服などの糸の一部が綿ぼこりになってたまっているんですけどね。

常にホコリは空気中に浮いていて、空気の動きが止まると落ちて溜まっていくというからくりです。

こんなことから、ホコリとは一生付き合っていかなければならないものであるということが分かります。

だから、どうせなら楽しく付き合っていきたいですよね。

このマイクロファイバーV字型モップなら、ポップなピンクという色に加え、ウサギの耳がイメージできて楽しくお掃除できそうな気がしてきませんか?

オシャレな100均というと、どうしてもセリアを思い浮かべますが、ダイソーもバカにしたもんじゃありません。

毎日のホコリ掃除。

使い捨てタイプのハンディモップも悪くないですが、繰り返し洗って使えるダイソーのハンディモップがオススメです(^∇^)ノ

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード