ホーム洗濯 ≫ 知らないともったいない。一瞬で洗濯物が取り込めるニトリの洗濯ハンガー

知らないともったいない。一瞬で洗濯物が取り込めるニトリの洗濯ハンガー


entry_img_132.png


洗濯をすれば乾いた後に取り込む作業が必ず必要です。

でも、取り込むのって億劫だったりしますよね。

特にこれから寒くなる季節だと出来るだけ、外に出る時間は短くしたいものです。

そんな、洗濯をする全ての人にお伝えしたい、ニトリの洗濯物ハンガーの凄さ。

なぜかというと一瞬で洗濯物を取り込むことができちゃうんです。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

私は洗濯は嫌いじゃないのですが、出来れば効率的にやりたいと考えています。

洗濯の一連の流れというと

1、洗濯する
2、干す
3、取り込む
4、たたむ
5、しまう

という感じですよね。

洗濯は洗濯機にお任せするしかないので、除外します。

「干す」は乾燥機を使えば無くなりますが、乾燥機は使わないという我が家のポリシー(まぁ、実は奥さんのポリシーなんですが)から、これは避けて通ることができません。

干しながら「なんか、効率的な干し方ないかなぁ」なんてことを思ったりしますが、私の弱い頭ではそんなアイデア出てくるわけもなく、頭の良い人が何かいい方法考えてくれないかなぁ、と願うことくらいしか出来ません。

でも、所詮私などにどうすることも出来ないんだと、途方に暮れている場合ではありません。

一瞬で洗濯物を取り込むことができる方法があった


もう、干すところは仕方ありません。

次の「取り込む」ところで何とかならないかと頭をひねります。

ちなみにたたむところの時間節約法は以前の記事でご紹介しています。
洗濯物を素早くたたんで時間を節約する技

この干してある洗濯物を一瞬で取り込むことが出来たらどんなに素敵かしら、と。

そんな私に強力な助っ人が現れます。

そうです、ニトリの「簡単取込ハンガー」です。

entry_img_132_03.png


このハンガーめちゃくちゃ凄くて、一瞬で洗濯物を取り込むことができるんです。

その方法は干してある洗濯物をつかんで下へ引っ張るだけ。

特別なテクニックも力も必要ありません。

それだけで洗濯物を一瞬で取り込むことができちゃうんです。

ちょっとその仕組みを見てみましょう


そのからくりはここ。

entry_img_132_01.png

下に引っ張られると、ここのところが引っぱられて洗濯ピンチがちょっと開くんです。

かなり分かりづらいと思いますが、
1で下に引っ張られ、2で上のところも引っ張られ、3でピンチを緩んで、4でピンチが開く、という感じですかね。

あれ?あってるのかしら。。。

entry_img_132_02.png

そうすると、下に引っ張った洗濯物が一気に取れるんです。

これが洗濯物を一瞬で取り込むことができるメカニズム。

特に大げさに言ってるわけでもなく、本当に一気に取れるんです。

最初にやった時は本当に驚きました。

耐久性は大丈夫なのか?


なんだか、ピンチのところに力が加わってすぐに壊れてしまうんではないかと心配してたのですが、全然大丈夫なんですよね。

もちろん毎日のように使うものですから、経年変化的なヘタりはありますが、それはこの商品に限った話ではないですからね。

まぁ、室内で干している場合は、当てはまりませんけどね。

室内干しを100均グッズで快適にするアイデアについてはこちらの記事もご覧ください。
ダイソーの室内干しフックにリベンジだ!100均グッズで室内干し(出会い編)

100円ショップセリアのS字フックを部屋干しに使う方法

これは時間を節約すると意味において、とっても有効なアイテムです。

お値段も40ピンチのタイプで税込1,028円!別にニトリのまわし者ではありませんが、これは安いでしょ。

一度だまされたと思ってこのニトリの「簡単取込ハンガー」を使ってみてください。

きっと、もう普通のハンガーには戻れないですよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード