ホームSeria(セリア) ≫ セリアのiPhoneケースをデコパージュ。100円ケースでもここまでできる

セリアのiPhoneケースをデコパージュ。100円ケースでもここまでできる


 entry_img_155.png

今回もまたiPhoneケースをデコパージュしてみました。

英字のペーパーナフキンを使いましたが、今回はブラウンのペーパーナフキンです。

白いナフキンとはまた一味違った出来栄えになりました。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

前回は白いペーパーナフキンを使ってiPhoneケースをデコパージュしました。

これはこれで良い感じだったと思います。
手軽にリメイク。100均で買ったiPhoneケースがデコパージュでオシャレに変身

我が家には私の使い古しのiPhone4Sがあるのですが、車で子供たちが映画やアニメを見る用になっています。

でも、節二郎が車の中を荒らすので、ちょいちょい落としたりしています。

暴れて仕方がないので先日5点式のベビードシートをブックオフで買ったばかりです。
激安!ブックオフで話題のタカタのベビーシートを2,000円で購入してみた

とは言ってもやはり不安なので、せめてケースくらいはしてあげようかと思い、セリアでケースを買ってきました。

entry_img_155_01.png

しかし、まだ、iPhone4、4Sのケースってあるもんなんですね。

iPhoneの人気には驚かせられます。

透明のハードタイプで、このままでも全く問題ないのですが、このままだと芸がないのと、せっかくだからということでデコパージュすることにしたわけです。

ハードタイプとセミハードタイプはどちらが良いのか。


前回はセミハードタイプのケースをデコパージュしました。

セミハードタイプは少し伸びたりしてジャストフィットを狙っているので、結構細かいところまでカバーできる造りになっています。

例えばスイッチ回りとか、充電端子のあたりです。

一方、ハードタイプは本体をはめるときに伸びたりしませんので、あまり細かくカバーするというよりも、裏面と側面をがっちり守るという感じの作りでシンプルです。

デコパージュをする際は、シンプルな造りの方が圧倒的にやりやすいです。

もし、スマホケースなんかにデコパージュしようと思っている人がいたら、ハードタイプをおススメします。

それではデコパージュ液を薄く塗っていきます。

あんまり細かいことは気にせず、筆でガンガン塗ります。

entry_img_155_03.png

一通り塗り終えたら、適当なサイズに切ったペーパーナフキンを貼っていきます。

entry_img_155_02.png

これも直感です。少しななめにして貼ってみました。

entry_img_155_05.png

貼り終えたらすかさず上からデコパージュ液を塗っていきます。

ドライヤーで乾かしては塗るを2回から3回繰り返したら完了です。

デザインナイフで余分なところを切っていきます。

ここでのポイントは少し余らせて切ること。

理由は切った後の内側に折りこんでさらにデコパージュ液で貼りつけるためです。

このようにすることで、縁のところもきれいに仕上がります。

完成したのがこちら。

entry_img_155_06.png

透明のケースなので、うっすらiPhoneのリンゴマークも見えて、もともとのアップルのイメージを損なうこともなく出来ました。

デコパージュは私のようなずぼら人間でも簡単に出来るのでおススメです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード