ホーム節約 ≫ 日経ウーマンの佐佐木絵理沙さんから学ぶミニマリストの極意

日経ウーマンの佐佐木絵理沙さんから学ぶミニマリストの極意


entry_img_181.png

日経ウーマン12月号で紹介されていたバルーンアーティストの佐佐木絵理沙さんのミニマリストっぷりが凄いんです。

部屋の写真が出てたのですが、物が少ないというかとにかく「ない」んです。

一体どうなってるんでしょうか。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

今回も日経ウーマンから節約術を学びます。

今までの日経ウーマンからの記事はこちらをご覧ください。

お金が貯まる財布とは?財布の中にこんなものがあったら要注意。

冷蔵庫にカーテン付けても意味がない!?最大の節約は買い替えだった

盲点!水を温める費用を節約。湯沸かしや保温費を節約する方法とは

ムダ遣いや衝動買いは脳のクセが原因だった

知らないと損をする。今月の日経WOMANは本屋で買っちゃダメ!セブンイレブンならポーチ付き

日経ウーマン12月号で紹介された水道代を節約できる雨水タンクとは


ミニマリストとは身の回りのモノを出来る限り減らして「最小限のモノ」だけで暮らす人のことを言います。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』の著者である佐々木典士さんもミニマリストとして有名ですが、彼の暮らすワンルームの部屋には本当に物がなくて、クローゼットにある洋服はわずか6着だとか。

風呂場には液体石けんのボトルが一つあるだけで、バスタオルもなく1枚だけある手ぬぐいで体を拭いていると言います。

一つの液体せっけんで、頭も体も顔も洗っていてひげそりもその石けんでやっているというのですから、その徹底ぶりがすごいです。

佐佐木絵理沙さんはセブ島への語学留学がきっかけでミニマリストに


一方、今回ご紹介するバルーンアーティストの佐佐木絵理沙さんは女性です。

女性の場合は男性の佐々木さんのようにはいかないんじゃないかと思いますが、まぁ、とにかく物がないです。

ミニマリストに目覚めたのは、セブ島へ1カ月の語学留学をしたことがきっかけと言います。

そのセブ島では機内持ち込み可能なトランク1つ分だけの荷物で1カ月間不自由なく過ごすことができたそうです。

そこで、物がなくても大丈夫であることに気付き、帰国後、ガッツりと物を減らしていったとか。

そして、洋服は20着。靴は6足。

やっぱりここは女性。男性の佐々木さんほど少なくはないですね。

とはいえ、十分少ないですが。

さらに、物を減らすことで、買い物の仕方が変わったそうです。

例えばコート。

1年以上かけて10年以上着られると思える流行に流されないデザインと素材のコートを探したとか。

そのお値段約12万円。

高いですが、10年以上着ると決めて買っているので、その思い入れはただならぬものが。

結局、10年着れば1万2千円/月ということになりますので、購入時の出費はありますが、長い目で見れば毎年買い替えるより安く済みます。

とはいえ、コートに12万円ってなかなか出せないですけどね。

リビングを見てみると、これまたモノがほとんどないです。

リビングの一角にあるテーブルと、その上にあるパソコンとイスだけです!

そして、寝室にはベッドとハンガーだけ。

一体どうやって暮らしてるんでしょう、と思うのは私だけかしら。

デンマークのミニマリストマレーヌ・ライダルさん


そして、佐佐木さん以外にもデンマークのマレーヌ・ライダルさんの紹介が。

マレーヌ・ライダルさんは、「デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由」という本の著者です。

この方もミニマリストの一人。

マレーヌ・ライダルさんのルールは、モノではなく経験にお金を使うこと、そして、モノを買うこと自体を否定することはせず、心地よく過ごすためのモノには出費は惜しまないというもの。

このあたりは佐佐木さんと共通していそうですね。

愛用品の中にはシャネルのバッグやデザイナーズ家具なんかの高級品もあるのですが、10年以上使い続けているといいます。

厳選した良いモノ、気に入ったモノだけを買って長く使うというのがミニマリストに共通していますね。

モノを減らすということはムダな買い物がなくなるので、それだけでも節約になりますが、ミニマリストの人が共通して言うのが、「人と比べない」ということ。

人と比べることがモノを買うことにつながっているって意外かもしれませんが、なるほど、と思いました。

比較することをしなくなると、自分が本当に欲しいもの、必要としているモノだけを買うことになるので、結局それが節約や、ミニマリストにつながるということですね。

時には自分の周りを見回してみて、本当に必要なものについて考えてみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- | 2015.12.03 19:26 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード