ホーム節約 ≫ 給食の割烹着の帽子のアイロンがけのコツ

給食の割烹着の帽子のアイロンがけのコツ


entry_img_192.png

子供たちの学校で使われている給食当番の割烹着(かっぽうぎ)。

その割烹着の帽子のアイロンがけって難しくないですか?

ゴムで絞りこまれているので、どうにもアイロンがうまいこと入らず、失敗することもしばしば。

そこで割と簡単にそこそこにきれいにアイロンがけができる方法をご紹介しますね。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

そもそも、給食の割烹着とはこういうものです。

entry_img_192_01.png

帽子とうわっぱりって言うんですかね。

これがセットになっていて、給食当番の子がこれを来て給仕するというものです。

私もやりましたが、今となってみるとあの当番制で回ってくる給仕って何か意味があったんですかね?

いまいちよくわかりません。

ここではそういう話はとりあえずおいておいて、アイロンです。

給食の割烹着の帽子のアイロンがけが難しい理由


我が家では小2と小4の子供がいるので、それぞれ給食当番の週があって週末になると持って帰ってきます。

洗濯当番(別にそう決まっているわけではないですが)の私としては、特段洗濯に関してはなんの問題もなく出来ます(言っても洗濯機に入れるだけですが)が、ちょっとやっかいなのがアイロンです。

独身時代にアイロンがけもやっていたので、別にアイロンができないということではないですが、割烹着の帽子のアイロンがうまいこといかなくて毎回どうにかならんかと思っていました。

どうして、うまいこと行かないかというと、かぶるところがゴムになっていてしわになっているんですね。

それはそれで大した問題ではないのですが、てっぺん側はすーっときれいにアイロンがけしたいのに、そのゴムで縮められている分、うまいことアイロンが入らないというか、なんというか。。。

なんだか言葉でいくら言っても伝わらないと思うので、早速アイロンがけに入っていきます。

給食の割烹着の帽子にアイロンをかける方法


まず、アイロン台。

ちょっと先がとがっているというか、細く絞られているタイプが良いです。

entry_img_192_02.png

そうしたら、帽子のゴム側から入れてこんな感じに伸ばします。

entry_img_192_03.png

そしてアイロンをかけます。

entry_img_192_04.png

これを3回から4回くらい、まわりずらしながら進めると一周出来ます。

くるっと一周した後の出来上がりがこちら。

  entry_img_192_05.png

きれいに仕上がっています。

あとは裏返しにして、ここは適当に上からアイロンをあてます。
entry_img_192_06.png

4つ折りにしたら完成です。

entry_img_192_07.png

簡単かつ、そこそこきれいに給食の割烹着の帽子にアイロンがけが出来ました。

こちらがアイロン前のくしゃくしゃ帽子

entry_img_192_08.png

そしてこちらがアイロン後のピシッととした帽子

entry_img_192.png

いかがですか。帽子のアイロンがけに悪戦苦闘していた方には少しは参考になったでしょうか。

クラスの人数にもよりますが、大体1月に1回は回ってくる給食当番。

そのアイロンがけをサクッときれいに済ませて、いけてるママ、パパになってみませんか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード