ホーム節約 ≫ 節約するなら知っておきたい。意外に知らないお肉の保存方法

節約するなら知っておきたい。意外に知らないお肉の保存方法


meat.png
買った食材はすべて使い切るのが節約ライフの鉄則。

スーパーでお肉が安売りをしていると、大量に買ってしまうこともあると思います。

今回はそんなあなたにおススメの記事です。

たくさん買ったお肉を味を変えずにおいしく保存する方法があるんですね。

保存前にちょっぴり一手間かけるだけで出来るその保存方法とは?


↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

 
お肉を買ったらそのまま冷凍保存というのが普通の保存方法ですね。

もちろんそのままでも良いのですが、ひと手間かけるとおいしく、そして調理しやすい状態で保存できるようになります。

とりのもも肉編

とりのもも肉はいろいろな料理に使えます。

おいしい保存方法はプレーンヨーグルトを使う方法。

とりのもも肉2枚に対して、プレーンヨーグルトおおさじ3杯に漬けるだけ。(´・ω`・)

あとは容器に入れて冷蔵庫で保存できちゃいます。

これでだいたい一週間くらい保存できます。

ヨーグルトに漬けることで乳酸菌の力により、お肉がやわらかくなるのでいろんな料理においしく使えちゃいます。

豚のひき肉編

ひき肉はいろんな料理に使えて便利な食材。

でも、大量に買っても使いきれるか心配になっちゃいますね。

豚のひき肉の保存方法は、一旦炒めてから保存します。

買ってきた豚のひき肉を熱したフライパンにサラダ油をうすーくひいたところへ入れて炒めます。

軽くほぐしてやや焦げ目がついたらOKです。

冷ましたうえで保存容器に入れてあとは冷蔵庫へ。

だいたい一週間くらいは保存できちゃいます。

牛肉編

最後は牛肉です。

タイムセールなんかでおいしそうな牛肉が安くなっているのを見かけても、すぐに食べれないなぁ、なんてあきらめることもあると思います。

でも、これからは大丈夫。上手な保存方法で長くおいしくいただくことができます。

牛肉は赤身のもも肉で行きましょう。

一番保存しやすく、調理もしやすいんです。

買ってきた牛肉を熱したフライパンにうすくサラダ油をひいて全体に焦げ目がつくまでころがします。

焼けたら冷まして冷蔵庫で保存します。


いかがですか?普通や冷凍するだけ、だと思いますが一手間かけるだけでおいしく使いやすい状態で保存ができちゃいます。

安いときにお肉を買って、かしこくおいしく保存すれば、食費の節約にもつながります。( ・∀・)

その中でも、とりのもも肉豚のひき肉牛肉は使い勝手の良い食材。


是非一度お試しあれ~。ヽ(´ー`)ノ


スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード