ホームお得情報 ≫ 一人勝ちは無理か?グーグルが最安値で定額音楽配信サービスに参入。

一人勝ちは無理か?グーグルが最安値で定額音楽配信サービスに参入。


定額音楽配信サービスにとうとうグーグルが参戦してきましたね。それも最安値で。

安いもの大好きなだいぽとしてはうれしい限りですが、価格だけでは語れないのがこのサービスの難しさです。

その理由とは、、、

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

googleplay.png


2015年9月3日グーグルはグーグルプレイ・ミュージックで熱い、熱い定額音楽配信サービスに殴りこんできました。

この定額音楽配信サービスとしてはすでに
AWA(エイベックス、サイバーエージェント連合)
LINE
Apple Music(アップル)
と今年だけでも大手3社が相次いで参入している超ホットな業界。

ここへきてグーグルが急に参入してきたわけですが、やはりそこはグーグル、ただ参入してくるわけではなく、780円というどこよりも安い価格で参入してきたわけです。

この780円という価格設定、業界的には「それはちょっと、、」というくらいの価格設定だと思います。

でも、Apple Musicが980円ですから、そこをターゲットとした場合、このくらいの戦略的な価格設定は必要だったんでしょう。

しかも、この価格10月18日までに申し込んだ人という期間限定もの。

一気に囲い込みたいという思いがひしひしと伝わってきますね。

こうなると、これはグーグルの一人勝ち状態になるんじゃない?

とか思いますが、なかなかそうもいかないであろうといのが、この定額音楽配信サービスの面白いところ。
その理由って。

グーグルが一人勝ちできないであろう2つの理由



その1
音楽ですから聞きたいアーティストの曲が聞けないんじゃ意味ないですよね。
まだ、定額音楽配信サービスでは聞けないビックアーティストが控えています。

このアーティストを押さえることができる会社が有利になります。

その2
配信サービスのアプリで言うと、Apple MusicのiTuens、LINEはLINEアプリとすでに普及しているアプリで聞くことができます。

後からアプリを入れて聞くのも面倒って人もいるので、すでに使っているアプリで聞けるというのは強みになりますね。


アーティスト側の立場になれば、リスナーとの接点を増やすために、一つのサービスに限定せず複数のサービスで配信することを望むでしょうから、各社で横並びになれば、その場合価格と言うのは大きな武器になりますね。

まとめ


結局どこが良いのか?と言われると

「わかりません」

となりますw

なので、無料のお試し期間を使っていろんなサービスを試してみるのが最良の方法でしょうね。

あなたならどのサービスを選びますか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード