ホームお得情報 ≫ 学資保険の罠。ドアノック商品だったとは。

学資保険の罠。ドアノック商品だったとは。


entry_img_60.png


子供が生まれると自分のことだけでなく子供の将来を考えなければなりません。


子供1人を育て上げて成人させるのにかかる養育費は2,000万円とも言われています。


うちでも学資保険に入っているのですが、この学資保険、実はドアノック商品と呼ばれているのですが知っていましたか?

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

学資保険とは、子供の養育資金を目的とした保険商品で7、毎月もしくは毎年、商品によっては一括で保険料を支払うと満了時などにドカンと保険金として下りる保険です。


保険というよりも積立感覚で入ってる人も多いと思います。


高校、大学入学時などに出費がかさむので、それに備えてお金を貯めておくということですね。


また、例えば途中で加入者が死亡した場合なんかは、それ以降の支払いは免除されるので、ある種の生命保険的な役割も担っています。


保険料の支払い方法にもよりますが、返戻率が110%前後なので、銀行なんかに預けておくよりもずーっと良い貯蓄性です。

注意しないと高額保険に


でも、気をつけないといけません。


学資保険は保険業界ではドアノック商品と呼ばれていて、この商品をきっかけとして他の商品を売ろうと営業マンは躍起になっています。


学資保険の返戻率が高いという事は、保険会社にとってはそれほどおいしくない商品、ということが言えるわけです。


学資保険を取っ掛かりにして、他の収益性の高い保険を売りつけられることがあるので注意が必要です。


せっかく、返戻率の良い学資保険に入っても不要な保険に加入させられては相手の思うツボ。


学資保険の相談をしただけなのに、ライフプランニングを始めとして色々な商品を勧められたら注意してくださいね。


ポイントは余計な保険に入らないこと。

これを忠実に実行すれば大丈夫。迷った時は入らない、これをお忘れなく。


また保険ネタがあったら投稿しますねヾ(o´∀`o)ノ

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード