ホーム節約 ≫ 「早食いで時間の節約」と思ったら太る原因だった件

「早食いで時間の節約」と思ったら太る原因だった件


entry_img_67.png


よく噛んで食べた方が良いのはわかっているものの、忙しくて時間がなくついつい早食いになってしまうもの。

早食いをすると胃腸に負担がかかることと、満腹感を感じる前にたくさん食べてしまうというデメリットがあります。

そしてこれが太る原因となることがちゃんと研究結果としても出ているんですね。

時間の節約なんて思っているとどんどん太ってきちゃいます。

でも、太る原因は食べ過ぎてしまうだけじゃなかったんです。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

よく噛んで食べないと満腹感が得られず、食べ過ぎてしまい結果として太ってしまう。

これはよく言われていることで割と認知度が高い話だと思います。

でも、食べ過ぎ以外にも太る原因があったんです。

DITとは?


食べ物を消化、吸収するときにエネルギーが使われること知っていますか?

このエネルギーは食事誘発性体熱産生(DIT)というのですが、これが早食いの人は低いんです。

消費エネルギーとは?


一般的な人の一日の消費エネルギーは
  • 基礎代謝:60%
  • 運動など:30%
  • DIT   :10%

となっています。

DITの占める割合は1割もあるんです。

実は「食べる」というのはエネルギーを摂る以外にもエネルギーを消費するという意味でもあるんですね。


私なんか知らなかったので、この話を知った時は「へー」と思いました。


ちょっとここで消費エネルギーについておさらいしておきましょう。

基礎代謝
呼吸や心拍、体温調整など、たとえ動なくても自然と消費するエネルギーです。

寝てる間にも消費されます。これが高い人は太らないと言われています。


運動など (身体活動エネルギー)
運動や家事などの運動、活動などで消費されるエネルギーのこと。
スポーツをやっているとこのエネルギー消費が大きいわけです。


食事誘発性体熱産生
食べた物の消化や吸収などに使うエネルギーのこと。

これが多いと消費カロリーが高くなるので、太りづらくなります。

では、具体的にどれだけ違うかを見ていこうと思ったのですが、それは次回の記事で紹介しますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード