ホームダイソー ≫ ビフォー・アフター 電池いらずで毛玉が取れるダイソーのらくらく毛玉とれーる

ビフォー・アフター 電池いらずで毛玉が取れるダイソーのらくらく毛玉とれーる


entry_img_82.png

みなさん毛玉ってどうやって取ってます?

たいてい電池式の毛玉取り機を使っているのではないでしょうか。

ダイソーのらくらく毛玉とれーるは電池なしで毛玉を取ることができるグッズ。

いったい、どうやって毛玉を取るのでしょうか。

↓↓いつもクリックありがとうございます↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

これからの季節は毛玉のできやすい洋服が多くなりますね。

毛玉を取る方法って、電動式の毛玉取り機か、毛玉取りブラシってのが定番ですね。

他にも、カミソリやスポンジで取るなんてのもあるみたいですが。

あのにっくき毛玉ができる仕組みとは?


そもそもなぜ毛玉ができるのかと言うと、服を着た時の摩擦や洗濯時の摩擦によって繊維の先端部が絡まって束になることで出来るわけです。

摩擦が原因なので、よくすれ合う脇、袖やバッグを持った時のストラップが当たる場所なんかにできやすいわけです。

できやすい素材としては、毛あしが長いというものだけでなく、アクリルやポリエステルなんかの合成繊維の方が毛玉になりやすいんだとか。

理由は強い繊維の方が、毛玉になった時に根強く毛玉状態でとどまってくれちゃうから。

これは羊毛なん化の天然素材だと、自然と絡まった束が取れてしまうので、毛玉として洋服側に残らないわけです。

電池もないのにどうやって毛玉を取るの?


で、毛玉の出来る理由はいいから、どうやって毛玉取るんじゃい?

という声が聞こえてきそうなので、行きましょう。

これが今回紹介するダイソーのらくらく毛玉とれーるです。

entry_img_82.png

これ電池もいらないし、ブラシ型でもなくとってもコンパクトです。

正直あんまり期待度は高くない感じで買った100均グッズです。

こういう買い方ができるのが100均のいいところです。

さらっと、毛玉のところをなでると、このらくらく毛玉とれーる君が毛玉を取ってくれます。

で、結果としては「期待低」だったことを、いい意味で裏切られました。

私のズボンのウエスト部分のBefore Afterです。


これが毛玉取り前

entry_img_82_01.png

毛玉取り後

entry_img_82_02.png

ご覧のとおり、「劇的」ではないです。写真だと分かりづらいかもですが、割と地味目な感じで取れてます。

その証拠にこの毛玉取り側にしっかりと毛玉が取れているのが分かると思います。

entry_img_82_03.png

電池いらずで手軽に毛玉が取れるという点では、100円であればありだと思います。


このらくらく毛玉とれーるですが、これの仕組みって毛玉の先を引っぱって取るというものなので、服自体にダメージが出るかもしれません。

ご利用は計画的、かつ慎重に。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 節約と100均生活ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード